理事長からのメッセージ

理事長 廣瀬 俊朗

設立にあたって

想い

ラグビーワールドカップ2019では、日本代表の活躍もあり、ラグビー・スポーツのの価値が社会に広がる素晴らしい機会になりました。

2020年は東京オリパラが予定されていて、益々スポーツが当たり前になる大きなチャンスでした。現在は、コロナウィルスの影響で、スポーツに触れられることが少なくなっています。この機会を通して、改めて、僕自身がスポーツにこれまでどれほど支えられてきたのかを知ることができました。この状況を打開するためにもスポーツで培った精神性や規律を守ることは重要であると考えています。僕たちとして、今できることをやり続けて、一刻も早く状況が良くなり、日常生活が戻ってくることを待ちたいと思います。

今回のONE RUGBYに関しては、昨年の春ぐらいから構想をスタートしました。ラグビーユニオンは、ワールドカップもあるので、注目される。またオリパラがあるので、セブンズや車いすラグビーは注目される。でも、他にも素晴らしいラグビーがある。そのことを知ってもらいたい。

そのためにも、ラグビーをやっている仲間同士の交流が当たり前になった世界ができれば素晴らしいのではないかと考えました。

例えば、ビーチラグビーの試合に、日本代表レジェンドが出る。その横には、ブラインドラグビーを体験できるブースがある。そこで、選手同士やファン同士の交流も生まれる。場合によっては、地域・観光支援に繋がる可能性もあります。

他には、選手のキャリア教育も一緒になって実施できたら、色々な立場の人がいるので、様々なことを学ぶキッカケになるのではないか。そんなことも考えています。今後の社会に置いて、ダイバーシティは益々重要になります。ラグビー日本代表は、多様性が素晴らしかったと言われています。今回のONE RUGBYが活発になれば、その多様性がさらに広がります。社会に対してのラグビーのプレゼンスも上がると考えています。

我々の活動はいきなり大きなものになるとは思っていません。地道に成長し続けて、いつかは各協会や連盟に対して、様々な面でサポートできるような団体になりたいと思っていますので、我々の団体の立ち上げにご理解をいただければ幸いです。

もし、少しでも疑問や指摘等がございましたら、教えていただければ幸いです。

皆で、日本のラグビーを少しでも良くして、次世代に繋げていきましょう。

これからも引き続き宜しくお願いします。

One Rugby理事長 廣瀬俊朗

理事長プロフィール

1981年10月17日生まれ 大阪府吹田市出身5歳から中学校卒業まで吹田ラグビースクールに在籍
1997年大阪府立北野高校を卒業後、慶應義塾大学理工学部機械工学科へ推薦入学しラグビー部で活動。高校時代は高校日本代表、U19日本代表を歴任。
2004年から2016年まで東芝ブレイブルーパスに所属
2007年に日本代表に選出
2016年10月にビジネス・ブレークスルー大学大学院 経営学研究科 経営管理専攻に入学。2019年9月に修了(MBA)。
2019年9月、株式会社ビジネス・ブレークスルー アスリートアンバサダーに就任

ポジションはウイング、スタンドオフ。
高校、大学、東芝、日本代表のキャプテンを経験しており、その経験を活かしてトップリーグ各チームのキャプテンを集め、キャプテン会議を設立。
ラグビー日本代表の選手を中心とした日本ラグビーフットボール選手会が2016年度初めに発足させるなど、選手の処遇改善やラグビー人気を盛り上げるための活動に取り組む。

著書

なんのために勝つのか。 (ラグビー日本代表を結束させたリーダーシップ論)(東洋館出版社 2015年12月刊)
ラグビー知的観戦のすすめ (角川新書) 新書 2019年9月刊